STC ブログ

2019.03.13

日本で恐らく一番・・・<後編>

仙台駅 今回も仙台の地下鉄レポをしていきたいと思います。
苦楽園です。

今回は宮城野通駅から終点の荒井駅までを巡ってみます。
それではさっそく行ってみましょう。

宮城野通駅
「宮城野通駅」に来ました。
因みに似たような駅名で「宮城野原駅」がありますが、全くもって別の駅です。(場所も全く違います)
ホームの様子はこのような感じ。
宮城野通駅ホーム
前回同様地上に出てみます。
宮城野通駅前①
立派な建物がありますねぇと感心しそうでしたが、これはくっついてるだけですね。
宮城野通駅前②
仙台駅の裏手にあるせいか大通りとまではいかないようです。
それでは次の駅へ行きましょう。

連坊駅
続いて「連坊駅」です。
ホームの様子はこのような感じ。
連坊駅ホーム
それでは地上へ出てみましょう。
連坊駅前①
どうやらここの駅の出入り口はひっそりしているようです・・・が、
連坊駅前②
思った以上に遠くまで通りを望めます。
因みに、この出入り口の裏側には、仙台第一高校があります。駅前に学校があるとは羨ましい限りです。。。
では次の駅へ向かいます。

薬師堂駅
次は「薬師堂駅」です。
ホームはこのような感じです。
薬師堂駅ホーム
薬師堂ということもあって少し期待しつつ地上へ向かいます。
薬師堂駅前①
地上は屋根があるバスターミナルと交通の多い通りです。
薬師堂駅前②
因みに、駅は陸奥国分寺跡の端にあり、遺跡の案内などがありました。
駅名の由来の薬師堂は少し離れたところにあるようですが、時間にドケチな今回の旅では保留にします。
ということで次の駅へ向かいます。

卸町駅
次に「卸町駅」です。
ホームはこのような感じ。
卸町駅ホーム
卸町ということは卸市場でもあるのかと地上に向かいます。
卸町駅前①
・・・おやおや、見覚えのあるデザインの出入り口です。
周りには卸市場は見当たらないようです。
卸町駅前②
と言いますのも見当たらなくて当然。
確かに卸市場はありますが、実際にあるのは「卸町の北東の端」。
駅があるのは「卸町の南西の端」。見当たらないわけですね。
次の駅へ向かいましょう。

六丁の目駅
続いて「六丁の目駅」です。六丁目じゃないんですね。
ホームはこんな感じ。
六丁の目駅ホーム
それでは地上に出てみましょう。
六丁の目駅前①
出入り口はいつも通りですが、やはりガラスを多用しているところからすると、デザインにはかなり凝っているようです。
六丁の目駅前②
駅前を見ると郊外によくある店舗や民家が並んでいるため、生活の町といったところでしょうか。
長い途中下車の旅も次の駅で最後になります。

荒井駅
終点の「荒井駅」です。・・・次はありませんね。
ホームの様子はこのような感じです。
荒井駅ホーム
先ほどまで乗っていた列車が、折り返さずにそのまま走っていきました。
と言いますのも仙台方面は急カーブで折り返しに必要な設備が作れなかったことが要因で一度仙台とは逆方向へ引き上げるようです。
それでは地上に出ましょう。
荒井駅前①
もはや駅舎が立派なのが正常にも感じますね。忘れてはいけないのが、「地下鉄の駅」だということですね。
荒井駅前②
駅前は開発中のようです。
バスターミナルと駅が直結しているので乗り換えは容易なのでしょうか。
因みにここから東へ少し行くと地下鉄の車庫があるようです。

これにて、おそらく日本で一番新しいであろう地下鉄路線のすべての駅を見てきたことになります。
各駅を見て感じることは、仙台市のただならぬ期待とこだわりが随所にみられることですね。
皆さんも、いつもただ乗っているだけの交通機関を少しだけ観察してみるのはいかがでしょうか。


【今回の寄り道】
寄り道というよりは気づいたことです。
こちら六丁の目駅の通路の写真になります。
六丁の目駅コンコース
壁のラインと天井のライトの模様が綺麗に揃っています。
デザイン性をとことん持たせていることが分かりますね。
因みに前回、今回と各駅のホームの様子の写真を掲載してきましたが、全駅のデザインが実は違うことに気づいたでしょうか。


【今回の取材先】
仙台市交通局:https://www.kotsu.city.sendai.jp/

P.N.苦楽園

2019.03.02

日本で恐らく一番・・・<前編>

ご無沙汰しております。
苦楽園でございます。

今回は、体を張って現地を見に行く企画となります。
題しまして
『日本で恐らく一番新しいであろう地下鉄の駅を見に行く』
をしていきたいと思います。

仙台駅
ということで、やってまいりました仙台市です。
今回は、ここ仙台市を走る地下鉄東西線の各駅を回っていこうと思います。
※なお、ロケ日は2019年2月9日(土)で関東では大雪で騒がれていた日になります。

先ずは最初に西の端に向かいます。

八木山動物公園駅
最初はこちら、「八木山動物公園駅」です。現在の地下鉄東西線の西の端にある駅になります。
八木山動物公園駅ホーム
ホームの様子はこのような感じ。
かなり綺麗な造りになっています。(と言いますかこれから回る駅は全て造りが綺麗です)
それでは駅の外に出てみましょう。
八木山動物公園駅前
山の上にある駅なので回りは開けた場所にあります。駅は半地下構造になっているようで、バスターミナル直結のようです。
それでは次の駅に行きましょう。

青葉山駅
続いては「青葉山駅」です。この辺りからロケ時間が存外短いことに気づき撮影がエコノミーな感じになり始めます。
青葉山駅ホーム
ホームの様子はこのような感じ。
それでは地上に上がってみましょう。
青葉山駅前
写真からだと何もない開けた場所に見えますが、この周りには東北大学の研究施設が多くあり、それこそ背後には大学施設が立ち並んでいます。
それでは次の駅に・・・とその前にこぼれ話
青葉山駅ホーム階段
こちら青葉山駅のホームからコンコースへ上る階段なのですが、デザインがだいぶ凝っています。
東西線の駅は新しいことからデザイン性を持たせることができていることを伺わせます。
さて次の駅へ向かいましょう。

川内駅
続いて川内駅です。
ホームはこのような感じ。
川内駅ホーム
それでは地上へ向かいます。
川内駅前①
駅の入り口は今までと変わりありませんが、
この駅の最大の特徴は何といってもこれでしょう。
川内駅前②
これは完全に東北大学の目の前ですね。
一瞬出る場所間違えたのかと疑いました。
川内駅から出たころ合いから雪がちらつき始めました。

それでは次の駅へ行きましょう。

国際センター駅
「国際センター駅」に来ました。
ホームはこのような感じ
国際センター駅ホーム
トンネルの奥が明るいですね。
それもそのはず、立地が広瀬川の目の前。
仙台方面は広瀬川を鉄橋で渡ります。
それでは地上へ向かいましょう。
国際センター駅前①
地上に出てびっくりです。遂に立派な駅舎がお目見えです。
国際センター駅前②
そして駅前には国際センターがあります。大きなイベントスペースがあるのでこちらで様々な催しごとをしているようです。
ちなみに、この国際センター駅は青葉城跡の最寄り駅だそうです。
それでは次の駅に向かいます。

大町西公園駅
「大町西公園駅」に来ました。
ホームはこのような感じ
大町西公園駅ホーム
壁の黒塗りがいい雰囲気を醸し出していますね。それでは地上に出てみます。
大町西公園駅前①
見慣れた地下への入り口です。
真横には西公園が広がっています。
大町西公園駅前②
ここから青葉通りの並木が始まるようです。仙台駅が近くなってまいりました。
次の駅へ向かいましょう。

青葉通一番町駅
「青葉通一番町駅」に着きました。
先ほどまで山の上にいたとは思えないほど中心部にやってきた感もあります。
ホームはこのような感じ
青葉通一番町駅ホーム
それでは地上の様子を見ましょう。
青葉通一番町駅前①
出てきたのは完全に歩道の上でした。
しかし、駅名は伊達ではなかったです。
青葉通一番町駅前②
駅前にアーケード付きの商店街。心なしか今まで回ってきた中で一番賑わっている様子です。
では次の駅へ向かいましょう。

仙台駅
やっとやってまいりました。仙台駅です。
ホームの様子はこのような感じです。
仙台駅ホーム
新しいせいか南北線の駅よりも明るめです。
それでは地上に出ましょう。
仙台駅前①
最初に入ったところとは別に駅前のバスターミナルの中心部に出てみました。
仙台駅前②
それなりの交通量があるようです。路線バスの系統整理もあってかバスの台数は少なめのようです。

この旅もほぼ折り返し地点になりました。
記事としても長くなるため(と言いますかもうすでに長いですが)、残りの仙台~荒井間は次回更新の後編でお伝えいたします。

それでは次回またお会いいたしましょう。

【今回の寄り道】
牛タン定食
仙台と言ったら「牛タン」ということで、利久本町店さんにお邪魔をしまして牛タン定食を頂きました。
とてもおいしいのでお勧めです。

【今回の取材先】
・仙台市交通局様:https://www.kotsu.city.sendai.jp/

・利久本町店様 :https://www.rikyu-gyutan.co.jp/

P.N.苦楽園

2019.02.14

だし巻き卵-だし=巻き卵

この間、だし巻き卵を作ろうと思って失敗しました。

だし巻き卵にだしを入れるという発想に辿り着かず、素材の味そのままの卵焼きになったとです。

このためにかった卵焼き用フライパン?をどうするかが目下の課題となっています。葵です。

さて。自分は元来引きこもり気質なので、こうしてブログを書こうにもなかなかネタを考えるのが難しいところです。

趣味も麻雀をしたり麻雀の番組を見たりと見事にインドアなのです。

今もキーボードを叩きながら何を書くか、考えを巡らせています。

今週末には大学の時の先輩や後輩と麻雀をする予定があったり、来週にはイベントがあったりするのですが、ちょうどここ最近は引きこもってばかりでした。

しかし、引きこもっていてもやらなければならないことは存在します。

そう、料理です。一人暮らしの宿命ですね。

私はご飯を作るのは特に苦ではないのですが、その後の片付けがひどく憂鬱に感じるのです。

ご飯は食べなければお腹が空きますが、片付けは別にしなくても生きていけるじゃないですか。

それなのにご飯を食べるには片付けをしなきゃいけない。毎日大量に洗い物をするのは精神衛生上よろしくないため、自分の料理はひどく簡単です。

カット野菜1袋とお肉のパックの半分をフライパンに移して炒めるだけ!

塩胡椒やポン酢、醤油で味付けをします。たまにおしゃれに豆板醤をつかうこともあります。

これであれば最悪洗い物はフライパンとご飯釜、白米とおかずを全部入れられる丼の計3点ですみます。大変精神にいいですね。

こんな料理を大学入学時から数えて、およそ5年も作り続けています。

来世は肉野菜炒め専門店を開くことも視野に入れて今後も精進していこうと思います。

2019.01.30

いつかは南極?

コウテイペンギンのドキュメンタリー番組を観るだけでは飽き足らず、
名古屋港水族館まで行って参りました。

現在日本でコウテイ(エンペラー)ペンギンが飼育されているのは
和歌山のアドベンチャーワールドと、名古屋港水族館の2施設。
室温・水温、日照時間、微生物対策等がされた極地水槽では
コウテイペンギンのほかアデリーペンギン、ジェンツーペンギン、ヒゲペンギンの
4種、75羽が飼育されていました。


陸地ではぎこちない動きで大変可愛らしいんですが、
水中だと戦闘機を思わせる俊敏さがとてもクールです。


その他名古屋港ではバンドウイルカ、ベルーガ、シャチのショーや訓練が推されてましたが、
水族館は動かぬもの、小さな水槽に多い紹介ボードも見どころです。

        /    すしのネタ    \

ダイオウグソクムシだと「何年も食べなくても生きられる」とか
ちょっとしたコメントが載っているのに、
ボタンエビだけ混じりっ気なしの人間目線で笑いがこみ上げます。


1人日帰りで悠々と名古屋港のイチオシを軒並み通り過ぎ、
ペンギンと掲示物の粗探しを満喫しました。
今後は他の水族館、周囲の施設や街歩きなど、
・・・あるいは水族館では見られなかった
行列を成して腹ばいで滑るコウテイのトボガンや、
極寒を凌ぐために集団で身を寄せ合うハドルを見るべく、
可能性はさておき南極旅行にも目を向けていきたいと思います。

マツイ・ダージャン

2019.01.16

長生きしたいなら「孤独は毒」!

 「人を幸せにするのは何か?」
ハーバード大学の教授が80年近い研究から導き出した結論は、ズバリ「良い人間関係」だというのです。

しかもそれは幸福感にとどまらず、体や脳の健康にも大いに影響を与えるといいます。

逆に孤独感のある中年は健康問題を抱えているとも・・・

「良い人間関係は人を健康にし、幸せにする」

これが研究者らの導いた答えだったのです。

そして、次の3つの教訓を示しています。
(1)社会的なつながりは有益であり、一方で孤独は命取りになる
(2)大切なのはつながりの数や有無ではなく、その質である

(3)良い関係性は体だけではなく脳も守ってくれる

つながりの質は以下のことで見ることができます。
・知り合いが何人いるか
・知り合いにどのくらい違う職業の人が含まれているか

・どのくらいの頻度で連絡をとっているか

オランダの研究者が行ったメタ分析では、認知症の発症に関連したのは、社会参加活動をしていないこと、人との接触頻度が低いこと、孤独感を抱いていることでした。

社会参加を含め、人とコミュニケーションをとったり、人との関係を取り持ったりすることは社会活動を円滑に行う以外にも、長生きのヒントにもなっていたんですね!

Nori 

Copyright (C) SYSTEMTOOL CO.,Ltd All Rights Reserved.